アミュゼ柏で地域交流会開催される!

9月6日(木)アミュゼ柏市民プラザにて地域交流会が開催されました。
千葉県とNPO法人ACOBAの共催、松戸市、柏市、我孫子市の後援のもと「市民・企業・NPOの共存共栄が可能な豊かな地域づくり」を行うために、それぞれが共通課題を見出して地域活性化に取り組む足掛かりとして、市民・企業・NPOの親睦を深めることを目的として行われました。

交流会の案内が広報まつど、広報あびこ、柏市民活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」に掲載され、予想を上回る参加者に用意した椅子が足りなくなる場面もありました。
ちなみに参加者数は54名となりました。
内訳は
企業19社(19名)、NPO15団体(18名)、市民10名、運営委員6名、千葉県1名
でした。

主催者挨拶のあと、市民、企業、NPOが協働で地域活性化を図り、成功している事例紹介が報告され、続いてこの後NPO、市民、企業の参加者全員の活動紹介が報告されました。

その後名刺交換会へと移り、NPO団体の輪を市民・企業が囲んで名刺交換が行われました。
この形の名刺交換は初めての試みでもあり、皆さん最初は戸惑いを見せていましたが慣れてくると和気あいあいと自己紹介が行われ、お互いが親睦を深め散会となりました。


「ちばのWA!東葛本舗」とは…

「ちばのWA!東葛本舗」は、地域に貢献したいとお考えの企業、住みよい街に暮らしたいと思っている市民、地域課題に取り組むNPO等が、互いにできることをつなげて、東葛地域を いいまち にする仕組みです。

【→運営主体について】

これまでのイベント情報


  • ▲このページのTOPへ