速報:1/30 シンポジウムとマッチングの会、満員御礼!!

2012年1月30日に開催された「ちばのWA!東葛本舗 シンポジウムとマッチングの会」。アミュゼ柏には開場前から続々と参加者が集まり、プラザは文字通り満員御礼の大盛況を迎えました。

テーマは「寄付文化が育む、絆のある地域社会」。シンポジウムでは、コーディネーターの堀田力さんから、寄付文化は寺社をはじめ昔からあるものの、自発的より義務的な意識に移ってきていることが提起されました。また、阪神淡路大震災がボランティア元年の契機になったこと、そして先の東日本大震災ではより多くのボランティアや義援金・支援金が集まったことが紹介され、一方で日々の、地域の活動への寄付文化づくりとの距離があることが提起されました。

寄付文化をつくるための課題として、本郷谷松戸市長、秋山柏市長、星野我孫子市長の3市長、そして経団連1%クラブ事務局次長の池田さんをパネリストに、「寄付の対象となる活動の特徴は何か-行政・企業がやれないのか」「寄付をつのるために何が必要か」を探るディスカッションが熱く展開されました。

シンポジウム後のマッチングの会では、東葛地域で活動するNPOからの1分間プレゼンの後に企業との交流がホワイエで行われ、普段会う機会の少ない人々の交流が各コーナーで広がりました。

詳しい様子は後日また本サイト上で紹介する予定ですので、乞うご期待。


「ちばのWA!東葛本舗」とは…

「ちばのWA!東葛本舗」は、地域に貢献したいとお考えの企業、住みよい街に暮らしたいと思っている市民、地域課題に取り組むNPO等が、互いにできることをつなげて、東葛地域を いいまち にする仕組みです。

【→運営主体について】

これまでのイベント情報


  • ▲このページのTOPへ